エアロバイクの負荷のかけ方

エアロバイクの負荷のかけ方

エアロバイクによる運動は、負荷のかけ方に注意が必要です。早く効果を得るためには負荷を大きくすればよいと思われがちですが、決してそうではありません。

 

初めから負荷を大きくしてしまうと必要以上に体に負担がかかり、結局は運動を続けることができなくなります。また、筋肉や関節を痛めてしまう可能性もあります。

 

エアロバイクは、負荷を大きくするよりも、時間をかけて運動する方が効果が高まります。つまり、無理なくできる程度の負荷でじっくりと運動を行うということです。また、できるだけ毎日続けることが重要です。

 

負荷に関しては、ほとんどのエアロバイクは調整ができるように作られています。調整の仕方は、液晶画面での操作、あるいは本体にあるハンドルやボタンなどで行います。中にはダイヤルで微妙な調整ができるものもあるようです。

 

それから、エアロバイクで負荷をかけるというと、ペダル部分の重さを変えるのが一般的ですが、それ以外の部分にも負荷をかけることができるものもあります。例えば、腕も鍛えるタイプのエアロバイクでは、ハンドル部分の重さを変えて動かすことができます。

 

このように、負荷の調整はほとんどのエアロバイクでできるようですが、どの程度まで弱い負荷に対応しているかも確認しましょう。エアロバイクで長時間の運動をするためには、無理のない程度の負荷に調整できることも大切です。

 

エアロバイクで運動する時には、自分の体力や体調をよく考えて、適切な負荷で時間をかけて行うのがポイントです。


★送料無料★コンビエアロバイク Ai-ex(家庭用)【快適生活】☆送料無料☆コンビエアロバイク Ai【快適生活】☆送料無料☆コンビエアロバイク EZ101【快適生活】

楽天オススメ商品


アドセンス広告